ウォーターサーバーのボトルでワンウェイ式って、どういう意味なんでしょうか? ウォーターサーバーのボトルでワンウェイ式とは、お水が入っているボトルが、お水を使う度にしぼんでいき、お水がなくなった段階で、ぺちゃんこになったボトルをリサイクルゴミとして処理できるものをいいます。 いままでのボトルは、お水がなくなったらサーバーから取り外して、業者に返却していました。 そして、業者はそのボトルをきれいにし、再び使うというリサイクル式でした。 今もリサイクル式のボトルの業者は多いのですが、近頃ではワンウェイ式のボトルが増えつつあるんです。 リサイクル式のボトルって、空気が入っていますよね。 お水を使う度に、ぼこぼこ音がします。 しかし、ワンウェイ式のボトルは、空気が入っていないため、お水を利用する度に、ボトルがしぼんでいくのです。 空気(流れが生じると風と呼ねれますね)には雑菌やホコリなどが入っている恐れがあるので、ワンウェイ式のボトルの方がより衛生的なんです。 それに、お水を使い切ってぺちゃんこになったボトルは、ゴミとして処理することができるため、リサイクル式のボトルと違って邪魔になりません。 ウォーターサーバーの設置を考えているのであれば、ワンウェイ式がお勧めですー